2016年2月6日土曜日

IH調理器の磁界について



〔IH調理器とは、原理と磁界〕
 今まで、IH調理器の出す低周波磁界には触れませんでした。「生体と電磁波」の参考文献には、この超強力な磁界や同じ周波数帯の磁界による生体への影響についての研究報告がありません。IH調理器の原理は、数10kHzの交流磁界を調理用の鍋やフライパン(以下鍋とします)を通し、この磁束の周囲にできる電流が鍋の底板を加熱するものです。鍋の底が鉄系で比透磁率が高ければ、ほぼ全ての磁束が鍋の底を通り、漏れる磁界の量はわずかになるでしょう。